じゃまいかブログ

10秒でちょっぴりほっこり、じゃまいかです

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  ルパン“カリオストロ”の名シーンは「あなたの心です」だけじゃないって話 

久しぶりにカリオストロの城を見たけど、
これは最高のジブリ作品です。
宮崎駿が初めて監督をつとめた作品ですから。

この作品、あまりにも有名なラストですよね。


ルパンについて行く事を拒まれたクラリス。
去るルパン一味を追う銭形。
残されたクラリスに銭形は言う




たしかに良い!けど、僕がグッときたのはやっぱりルパンのシーンだった

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
リオストロ城に囚われの身となったクラリスを救い出すため、
単身城に潜入したルパン。
遂に囚われのクラリスと再会します。

「誰?」と誰何する少女に、自己紹介するルパン。

「泥棒です…こんばんは、花嫁さん」

 そして、私は貴女を盗みにやってきたのだ、と。

「…私の獲物は悪い魔法使いが高い塔の天辺にしまい込んだ宝物。
どうかこの泥棒めに盗まれてやって下さい…」

幽閉の身から助けてあげる、というルパンの言葉に喜ぶクラリスですが、
すぐに顔を曇らせます。そんな事は出来はしないのだ、と。
伯爵の力を侮ってはいけない、下手をすればあなたも殺される、
と忠告するクラリスに、ルパンが嘆きます。

「ああ何てことだ…その女の子は、悪い魔法使いの力は信じるのに、
泥棒の力は信じようとしなかった…少女が信じるなら泥棒は、
空を飛ぶ事だって、湖の水を飲みほす事だってできるのに…」

 そして、力一杯に拳を握り締め、力を振り絞る素振りをします。

 すると彼の掌から、一輪の花が現れます。

 そしてルパンは言います

「今は、これが精一杯」
ルパン

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

窮地の場面でマジック魅せるルパン。
キザなことも自然にこなす、ルパンの魅力が溢れた名シーンです。

ちなみに、オリジナルサウンドトラックにはこのシーンが使われています。

サウンドトラック




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。